スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仁王のいたずら

9日のテニミュ岐阜前楽・立海ベンチでの仁王のいたずら編のレポです。

S1の試合途中、長々とした説明セリフを言うために柳生がベンチから立ち上がったシーンでの出来事です。
立ちあがってセリフを言ってる柳生の後ろで、台の上に座ってる仁王が腕を伸ばしてベンチ後ろの壁に立てかけてあるラケットを取ったかと思うとそっとベンチの上に置こうとしてるじゃあーりませんか!!
でも台の上からなのでそっと置くには微妙に届かない様子。それに気づいた隣の柳参謀、そ知らぬ顔で横からそっと手助けしてラケットは無事に柳生の座る位置に置かれました。
そんな事はつゆ知らず。セリフを言い終わった柳生はそのままラケットの上にでんとお座りしてしまいました!!ひゃ~!!
そしてお尻の下のラケットに気が付き、座ったままゆっくりと後ろをふり向いて仁王をじっと睨んでる様子。睨まれた仁王はしてやったりって感じで(多分)ニヤッと笑っておりました。
その後「仕方がないですね・・・」ってな感じでお尻の下からラケットを抜く柳生でありました。
その時の柳参謀の様子までチェックする余裕が私にはありませんでした
だって1人で双眼鏡を覗きながらかなり萌え~でしたから


スポンサーサイト

テニミュ岐阜千秋楽覚え書レポ

テニミュ千秋楽の覚書レポの続き

・FGKSを歌う前、柳下くんが「僕たちが青学三代目レギュラーです!」と言った後相葉くんが「僕たちの意思をつないでくれる、柳下君です!」と紹介し、柳下くんが感極まって泣いてしまった。
・FGKSの客席降りはシングルス組だったのですが、D2(ジャッカル・ブン太・桃城・海堂)が2階席にまで上がったようでものすごい歓声が起こってました。私はステージ上の瀬戸くんを見てて後方をあまり確認しなかったんだけど、1階奥の方の歓声もすごかった
・小野くんがボロ泣きだった。ちょっと意外でビックリでした。
・FGKSの後、青学レギュラー陣が舞台に1列に並んで1人づつ卒業の挨拶。その前にバックスクリーンに上島センセーからのビデオメッセージが流れる。
・卒業の挨拶の内容はとりあえず覚えてる事だけ書きます。スンマセンほとんど忘れました(滝汗)DVD発売を心待ちにして下さい(苦笑)
南くんが1人づつ紹介してその後挨拶するって感じでした。

心平くん・・・この1年間桃城の事ばかり考えてた。桃城武という役が大好きです。

渡辺くん・・・初対面の時から青学メンバーはみんな優しくて自分のことを「タカさん!タカさん!」って呼んでくれてすごく嬉しかった。タカさん呼びに慣れてしまって最近では「渡辺」とか「絋士」とか呼ばれても反応しなくなりました。今後の夢は他の仕事で3代目青学と共演する事。途中から涙・涙で会場からもすすり泣きが聞こえてました。

ませいくん・・・明日からもうみんなと一緒にいられないと思うとイヤです。
やっぱり号泣してました。

瀬戸くん・・・南くんが紹介を忘れた為、自分で1歩前に出て「ありがとうございました」と一言。その後南くんが焦って「瀬戸丸どうぞ」と紹介したけど「言う事忘れちゃったよ~」と言いながらも続いて挨拶。菊丸役に決まった時に自分は菊丸みたいじゃないと思ってたので決まってイヤだなと思ってた(不安に思ってた)。でも永山くんや足立くんに励まされたり、みんなに「瀬戸の菊丸が一番似てるよ」と言われて頑張れた。菊丸に選んでくれてありがとうございました。
途中何度も感極まって言葉に詰まってました。その時にタッキーが自分も半泣きになりながらも「大丈夫だよ!大丈夫!!」と瀬戸くんを励ましてたのがすごく印象的でした。瀬戸くんがあんなに泣いてるのを初めて見たのでついこちらも貰い泣きしちゃいました

相葉くん・・・3年間不二を演じてきて、もうジャージ着て不二として舞台に立てないのが凄く寂しい。僕の後に不二役になる人は大変だろうと思うけれど自分を超える不二になってください。

タッキー・・・どうやら客席におかあさんが見に来てたらしい。「最後にこんなサプライズはやめてください」と言って会場大爆笑でした。最初大石役に決まった時にこんなおっちょこちょいの自分に大石役ができるのかどうか不安だった。
ここでおっちょこちょいだっていう証拠のエピソードを披露。「♪Top of~」を歌う時の制服を大楽前に荷物を整理した時にその制服まで東京に送る荷物の中に入れてしまってたらしく、出番の10秒前に着替え終わってすごく焦ったそうです。隣で一部始終を知ってるどーりくんが大笑いしてました。
あと香川公演の時に柳下くんにこんな事をお願いしたそうです。「大は人との関わりで1つつまずくと逃げてしまう所があるけど、これからは逃げないで欲しい。これから4代目と接する時に始めは嫌われたり煙たがられるかもしれないけど3代目の思いを絶対伝えて欲しい」柳下くんは何も言わずに頷いてくれたそうです。
まだ4代目大石役の人には会ってないのでどんな人が大石を演じるのかは知らないけれど、大石という役を愛して欲しい。皆さん4代目も応援して下さい。

どーりくん・・・六角公演の時には心も体も小さかった僕ですが、こんなに大きくなりました。
涙は全く見せず、始終落ち着いて笑顔での挨拶でした。さすがドリブロ・・・しっかりしてました。

南くん・・・テニミュを通じて横の繋がりができました、いろんな方々とコミュニケーションが取れました。皆さんもテニミュを通じていろんな方々とお知り合いになれたと思います、まさにテニミュケーションです(会場大爆笑)。
さすが南くんです。最後の最後まで外しませんでした(爆)

柳下くん・・・僕が3代目を一番近くでずっと見てきました。だから3代目の事を一番よくわかっています。3代目の思いは僕が4代目に引き継ぐので任せてください。
自信を持って力強く話してました。

卒業挨拶のあとは、再度青学メンバーで♪Top of the stage for the tennisを歌いました。
そしてバックスクリーンにはオーディションの時の映像が・・・
歌の最後の方で立海・六角・比嘉のメンバーも出てきてみんなで一緒に歌ってました。
そして全員揃った所で「On My Way」かなりのキャストが客席に下りてました。
一度幕が下りた後、アンコールの拍手で再度幕が開きどーりくんが「何も考えてないよ~」と言いながらも「ありがとうございました」と一言挨拶。
この時に相葉くんがボロ泣き状態でした。
立海メンバーで泣いてたのはジュッタくんと桐山くん、小野くんかな。今回王子は泣いてなかったですね。中河内くんも泣いてなかったかな。
ばーちょんは最後の最後では泣いてたように見えました。目が赤かった。

とりあえず覚えてる事をツラツラと書いてみましたが、あんまり覚えてなくて申し訳ない・・・
年寄りはメモリーが少ないもので
また何か思い出したら追記するかもです。


燃え尽き症候群

今朝の7時に自宅に帰ってきました。
お風呂入ってご飯食べた後は夕方まで爆睡でした。バスの中でも結構眠れたはずなんだけど、2日間思いっきり楽しんだ疲れがでたのかな。
未だに昨日・一昨日の余韻が思いっきり残っててまだ夢の中にいるようなふわふわした気分です。
なんだか人と喋りたくなくて(話をするとミュの記憶が流れてしまいそうな気がして・・・)帰ってきてからも部屋に引きこもっております(苦笑)
なーんにもやる気が起こらない・・・明日仕事行きたくないよ~!!!
これが燃え尽き症候群なのかしら。

ここで岐阜公演千秋楽の覚書を・・・。もうすでにかなりの記憶が流れ落ちてるんですが・・・

座席の方は、座番は2列センターだったのですが実質は一番前でした。
実は8日の夜公演も座番が2列センターだったのですが、席に行ってビックリ!1列目がないんですもん・・・ぎょぇ~
本気で足がガクガクしました。こんなスリルめったに味わえないよ・・・
2列目のチケ持った方々は来る人みんながビックリしてましたよ。お隣のお嬢さん方も興奮のあまり「知ってましたか?」とC~さんに聞いてきましたからね(苦笑)いやいや私らも知りませんでしたわ
8日夜の観劇は緊張と興奮でいつも以上に公演内容が記憶に残っておりません、だって近すぎてどこ見たらいいのかわからないんだもの。
でも大楽は2回目の一番前ってことで8日の夜よりは少しは落ち着いて見る事ができました。

・開演前、幕の中から気合入れの声が・・・。「うぉ~」ってな感じの野太い吼えるような感じの声でした。その声に会場からは拍手が起こりました。その後も学校ごとに気合入れてたのかな?何度か声が聞こえました。
・「♪崖っぷちギリギリ」で試合シーンの再現時、ジャッカルは「ファイア~」ブン太は「どう天才的~」と叫んでた。
・私は何故か気づかなかったんだけど、海堂が出とちったらしく桃城が1人で立海メンバーに追い詰められてたらしい。
・赤也のベンチ土足ツッコミ。「イテッ、イテッ、うが~っ!!」と両手挙げてキレ気味
・赤也のベンチ土足ツッコミの後。仁王にじーっと見つめられ(睨まれ?)しばらく見詰めあった後、すんませんみたいにペコっと頭をさげる。
・ブラッドショットの時、ブン太がネット際に出てきて青学を煽る際に青学ベンチに向かって「かめはめ波」をしてた。
・大石が握り拳を作った両手を天狗の鼻の真似みたいに自分の鼻にくっつけてた。
・S2で赤也がラケットを床にこすり付けて音を出す時「不二周助~!!!」って叫んでた。すごい気迫だった。
・風林火山の「3倍早いわ」の時、ブン太がちゃんと指3本立ててるのを柳生に見せて、それを見た柳生が「よくできました」ってな感じでうんうんと頷き、ブン太が「へへ~ん」ってな感じで自慢そうな顔をしてた。桐山くんカワイイ~
・トロフィーネタはなんと幸村が出てきました。トリオも真田がはけてからなかなか出てこないので、出とちったのかと思ってたら上手からトロフィー持った幸村が出てきましたよ!!!会場からはものすごい悲鳴。トロフィーを見詰めながら「真田、準優勝だね。無負でお前の帰りを待つって言ってたのに・・・真田」。言い方がすごくブラックでした(怖っ)
・カテコで立海が「常勝!立海!!」をやった♪

大楽は全体的にあまりアドリブ・遊びはなかったです。基本に忠実でした。
とりあえず今日はココまで・・・。


香川公演いろいろ

今日は朝から普通に仕事だったわけですが、昨日の余韻が思いっきり残ってましてほぼ一日抜け殻状態でした。
昨日・一昨日と3公演立て続けに見たせいか歌がやっと頭の中に残ってきたみたいで、大阪公演行った後は「風林火山」が廻るだけだったのに今日は初っ端の立海の「♪崖っぷちギリギリ」、「♪今回のメインの歌」、「♪4年と2ヶ月と15日」、「♪神がかりのテニス」「♪サムライディスティニー」等々順番に頭の中を廻る廻る!!
仕事に集中できるはずがない
昨日休んでる間にまた山のようにFAXが届いてて仕事はしっかりと貯まってるんだけど、今日は月曜日にバリバリ入力した量の半分位しか進まなかったかも(苦笑)
明日はもうちょっと真面目に仕事しよう。

さて、昨日の日記を今日書きます
朝は会場に行く前にC~さんの助っ人でピュアボの舞台のチケ取りに参戦しました。
10時発売だったのですがその時間はちょうど高松に向かう車の中。
最初は車停めてローチケモバイルで参戦するつもりだったんですけど、よく考えるとロッピーが使えるんやん!
急いで途中にあるローソンに立ち寄り、10時ちょうどにポチッと画面をタッチ。
なんともあっけなく繋がって依頼分のチケを無事にゲットしました(しかもなにげに良席!)
テニミュのチケ取りと比べるとやっぱり取り易いのね、と思ってたらモバイルから挑戦したC~さんは瞬殺だったとか・・・。ひぇ・・・恐るべしピュアボ・・・。
いや~やっぱり地方のロッピーは強いね

その後すぐにC~さんと合流。会場に向かいました。
まずはベスアクの落書きポスターを確認しに物販売り場へ。
28日の開演前と休憩時間に見に行った時は貼ってなかったので香川ではないのかなと思ってたら、どうやら終演後には貼ってあったらしいのです。ちっ、貼るならしゃんこら早く貼れっていうの
今度はしっかりとチェックしてきました。
2枚貼ってありまして・・・
まず1枚目
柳生・・・香川!!香川!!は~い香川!!
仁王・・・香川じゃけぇ・・・うどん   何でもない  頑張ろう

そして2枚目
柳生・・・今日で香川ラスト
仁王・・・あれっ昨日香川初日だったよ
でした。

2枚目のポスターの髪の毛の部分が青と黒(だったと思う)のマジックで塗り絵状態になってました
大石・菊丸のポスターももちろん貼ってあったんだけど、その他にもドーリくん相葉くんアイルくんの落書きポスターも貼ってありましたよ。

29日公演の座席は前楽が2階下手寄りサイド、千秋楽が3列目上手サブセンターでした。
3列目と言っても1列目がないので実質2列目!!ち・ち・近いっ!!
しかもまたまた瀬戸丸ベストポジションでした
数メートル先の目の前に立たれたときにゃあ死にそうでした
きっとわたくしものすごくだらしない顔をして観劇してたに違いないです
でも幸せ~
せっかくの前方席なので目の前に立った人をとにかく全員ガン見しました。
南くんをちゃんと見たのは今回初めてだったかもしれません(ゴメンでもC~さんもそうだって言ってた(爆))
紳士姿のばーちょんはやっぱり素敵舞台前方まで出て来られた時にゃぁ近すぎてマジでドキドキしました。
中河内くんのダンスもすごかった!
間近で見ほぼ目の前で踊ってたんですが見惚れてしまいました。
「On My Way」の時はちょうど目の前に相葉くんが立ってたんですが、相変わらずのキラッキラぶりについ年甲斐もなく思いっきり手を振ってしまいましたわ。
相葉くんちゃんと客席の一人一人の顔をちゃんと見て手を振り返してくれるんです。間違いなく目合いましたよ!やっぱり場慣れしてますよね。
六角の2人(一馬くんとアイルくん」にも「ありがと三角ポーズ」をしてきましたよ。
もうこのまま岐阜でも恥は捨てて手を振るぞ!(アホ)

以下得意の箇条書きですが、日替わりネタ、気づいた事、感想等

・柳生のズラが散髪して前髪が短くなってた!!前の長めの方がよかったのにな~
・柳@小野くんはわざと目を細め気味にしてる事に近くで見てやっと気づいた
・ブン太・仁王・柳生にたたかれる赤也のシーン
前楽は「いてっ!いてっ!ジェーントルマン」大楽は「いてっ!いてっ!いってぇ~と反抗的に柳生を見る」
ちなみに28日は「いてっ!いてっ!いっ・・あーりがとうございました」
・「いてっ」のシーンの後、大楽では仁王が赤也をじーっと見詰めながら寄って行き、2人で暫く見詰め合ってるが赤也がたまらずにやっと笑ってしまい、そこで見詰めあい(にらめっこか!?)終了。仁王が赤也の肩をポンポンとたたいた後定位置に戻る。
・仁王の「ピヨ」のシーン
赤也が真似して右手で鳥のくちばしを作ってピヨピヨしてた。
・赤也のソロ「♪ヘイ、ジーニアス」
歌いながらネット周りを歩く時、28日公演では青学ベンチに座ろうとして桃城に追い出される。千秋楽ではラケットをマシンガンに見立てて青学ベンチを撃ってた。
・S1の試合中ジャッカルがハンカチで頭や首筋の汗を拭いてて、その拭いたハンカチを柳生に「いる?」みたいな感じで差し出すんだけど、それをすっごい嫌そうな表情で体をよじってよける柳生(爆)。でもひつこく再度ハンカチを差し出すジャッカル、またすごく嫌そうに眉をひそめてよける柳生(激爆)
・S1の試合中、真田の「3倍だ」の時にブン太が指折り数えて4まで数えたのを柳が指を1本戻す。それを見ていた柳生が柳の肩をちょんちょんと叩いて「めっ」と2人を戒めるような表情をする。紳士に怒られてシュンとする参謀。カワイイ~。
・トロフィーネタは前楽はブン太。いつものように真田に無視され「シカトかよもし幸村だったらこんな時なんていうかな、『丸井、いつも苦労かける(幸村風な言い方)』な~んて買いかぶりすぎだろぃ!!」
ちょっとテレ気味の桐山くんがカワイイ~
・トロフィーネタ千秋楽はジャッカル。なんと腹話術ネタでした。
無視する真田を見送った後
「すまねぇ、立海大には鉄の掟(だったと思う)があってな、お前を連れてはいけねぇんだよ」
『ワカッテイマス、ボクノコトハキニシナイデ(超ウラ声で)』
「すまねぇ(と言いながらトロフィーを床に置いてたち去ろうとする」)
『ファイヤー』
「え!!何て言った?」
『ファイヤー』
「もう一度言ってくれ!!」
『ファイヤ~』
「やっぱりお前を置いては行けねぇよ~(と言いながらトロフィーを抱きしめる)」
会場は割れんばかりの大拍手でした!!裏声がめっさかわいかったです。是非DVDに収録して欲しいですわ
・堀尾のリョーマへのアドバイスネタ
28日は「お前の方が帽子にあってるか大丈夫だよ」真田が通り過ぎた後「似合ってる・・・」
前楽は「白雪姫と愉快な真田達って考えて見ろよ」
千秋楽は「たまらんスマッシュって何ですか?って聞いてみろよ」通り過ぎようとする真田に堀尾が「あの~たまらんスマッシュって・・・」と聞こうとするがカチローとカツオに止められる。
・千秋楽のカテコでは柳下くんが前宙しながら出てきて、それに対抗してか心平くん・渡辺くん・滝口くんも側転とかをやってた。タッキーが勢い余って舞台から落ちそうになってかなりビックリしてた。
・客席降りはシングルス組。最前の前のスペースには一馬くんが降りてきた。私たちの前にも来てくれたよ。
・千秋楽「On My Way」後、ばーちょんがいきなり近くに居た瀬戸くんを背後から抱きしめて2人でタイタニックポーズをしてた。この2人の絡んでるのって初めて見たかも!いや~なかなかいいものをかなり近くで見せていただきました(笑)
・前楽の「FGKS」の後、中河内くんとばーちょんが2人並んで揃ってコント風にペコペコ頭を下げてて面白かった。
・千秋楽の「FGKS」。桐山くんがハラマサと並んで後ろの方でラインダンスっぽく足上げ対決風に競ってすごく楽しそうに踊ってた。

とりあえず今思い出せるのはこんな所かな。

香川3公演は2日間って事もありホントあっという間でした。でも楽しかった~!!
キャストのみなさん、本当にありがとう!!

私の観劇予定、残すは9月8.9日の岐阜4公演となりました。早く見たいけどこれで終わっちゃうんですよねううう複雑な心境だわ・・・


夢から覚めたくないの

南くんの楽の挨拶ではないけれど、昨日香川初日なのに月日のたつのは早いもので、今日はもう楽かよ・・・
(南くんの挨拶は正確には「いよいよ香川も楽です、月日の経つのは早いもので香川初日が昨日の事のように思い出され・・・」と言って会場大ウケでした(笑))
って事でテニミュ香川2日目、前楽と大楽見てきました。
今日はいろいろといい思いをいっぱいしてきました幸せ~
詳しい事は明日の日記で・・・
とにかく今日は眠いのでもう寝ます
明日からは普通に仕事なんでね・・・ガクリ・・・
夢から覚めなくちゃな。

あ、そうそう。ベスアク落書きしっかりチェックしましたんで明日の日記に書きますね~



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。