スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


斎藤工トークライブレポ1


行ってきました、工くんのトークライブin大阪。

9時過ぎに一日ご一緒するC~さんと合流。

第1部は10時半会場、11時開演だったんで10時半過ぎ位に会場入りしました。

受付を済ませて会場に入って自分の座席を確認した所、第1部は前から6列目・第2部は7列目でした。

整理番号は全部で250番位まであったようなので、かなり前の方の席でラッキーでした。

参加してる方々の年齢層は、以外にも若い方々ばっかりってわけじゃなくてかなり幅広いファン層でした。ここでほっとする私とC~さん。最年長じゃなかったよ(笑)



11時の開演時間になり、司会のおねーさん登場。

この司会の方がなかなかグッジョブな方で、ボケたり突っ込んだりできるナイスな司会者でした。

工くんは会場後ろから登場!中央にある通路を通ってステージに向かったんだけど、見た瞬間思った事。

ほ・細いっ!!なんてスリムなの~!!でもって、めさめさかっこいい~

テニミュ夏公演&DVDで見た印象では、がっちりした体型に見えたんだけど実際に見るとすごくスリムでひょろりとしてます。

腰回りとかすっごく細い~。

第1部の衣装はダークグレーっぽいラメ入りのVネックのTシャツに黒の皮のジャケット、黒のパンツ姿でした。

モデルさんって感じですごく落ち着いて見えて素敵でした。



ココからはトークとかの順番はかなり前後してると思うんで、ご勘弁下さいませ。覚えてる限りの事を書いてるだけなんで・・・。

まずは工くんの簡単なプロフィールを紹介した後、この世界に入ったきっかけのお話。

小さい頃からお父さんが映画好きだった為、頻繁に映画館に連れて行かれてていろんな映画を見てたそうです。

まだ小学生なのに、チャップリンの『独裁者』とかかなり難しい作品も見てたらしい。

その時に自分も将来映画のエンドロールに名前が載るような仕事がしたいと思ったそうです。

沢木耕太郎さんの「深夜特急」読んで、かなり感銘を受けてそれで海外に出てみようと思ったとか・・・。

で、まずはモデルの仕事を始めて海外(パリや香港等々)でもかなりいろんなショーの出たとか・・・。

当時世界のいろんな国のモデル事務所に所属してたそうで、多分今でもその事務所には工くんの資料が残ってるはずですと言ってました。



コレはもう結構既出の話だと思いますけど・・・。

モデル時代にパリの地下鉄で女の子と間違われて危うく強姦されそうになり、必死に「オム・オム(男・男)!!」と訴えて危うく難を逃れたとか、当時住んでたアパートの自分の部屋の近くの部屋にマフィアがやって来てたらしく、そこで何を間違われたのか出かけようとしてた工くん車に連れ込まれたそうです。

で、これまた身振り手振りで自分はモデルをしてるだけで、関係ない事を説明して何とか車から降ろしてくれた話とかをかなり面白く話しでくれました。

あとパリコレのある1月と6月のパリは超オススメ、いい男がたくさんいますよーと言ってました。



今まで演じてきた役柄についての紹介もあって、ホスト・海上保安官・ルポライター・不良・店員・ボンボン・クワガタ・死神等々。

工くんの役作りの方法は、まず役をもらった時にその役を研究してそれに自分自身を半分入れてミックスして(みたいな感じの言い方)自分だけのその役を作るそうです。

だから作品を撮り終わった後も、かなり私生活でその役柄をひきずってしまうとか・・・。

『海猿』でのカイホ役はかなり引きずってるらしくて、今でも海に行くと溺れてる人はいないかついつい探してしまうそうです。



役作りに関して勉強になった事の一つとしては、唐沢敏明さんが主演してた『白い巨塔』の撮影を見学させてもらいに行ってた時に唐沢さんにいろいろと質問をしたそうなのですが、「医者の役なので医学についていろいろ勉強したんですか?」と聞いた所「医学を勉強するんじゃなくて、手術シーンを見た人達にいかに医者っぽく本物っぽく見えるかという事を気にかけて演技してる」と言われたそうです。



クワガタの役っていうのは映画『兜王ビートル』のディザスターの事ですが、「お店で売られてる虫は、カブトムシよりもクワガタの方が値段が高いのに、何故カブトムシの方が人気があるんだ!と嫉妬してるクワガタの話です」みたいな事を言ってた気がします(笑)

ドラマ『加藤家へいらっしゃい~名古屋嬢っ~』では、出演者のほとんどの方が舞台出身者で台本はあってないようなものだったらしく、アドリブ連発だったそうです。

で、自分もなんとか付いていかなくちゃと思いかなりがんばったらしいです。でも全然ダメでしたけどねーと言ってました。



2に続く・・・。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://blue93.blog56.fc2.com/tb.php/488-9e4ea943
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。